丹波市、朝来市、養父市、篠山市、舞鶴市、綾部市において、地域最多品揃えの振袖専門店です。振袖や振袖レンタル、成人式当日、振袖写真はお任せください。最新振袖カタログ無料進呈。

私の20歳のスタイル~華やかに、晴れやかに・きもののほそみ
丹波ゆめタウン店
舞鶴店

振袖Q&A

振袖を決めるまで、色々な疑問や不安があるかと思います。
ここでは、ほそみがお客様より良くご質問を受けるQ&Aを掲載します。
振袖選びの参考にしてください。

振袖はレンタルの方がお得?購入の場合のメリットは?
振袖レンタル、購入にそれぞれメリットとデメリットがあります。
お客様の状況により、どちらがお得とは言い切れない点がいくつかあります。
振袖レンタルは着用の後のお手入れや保管の心配などがない半面、成人式の後はお写真しか残りません。その点、購入の場合は成人式の他、卒業式や結婚式・結納などで何度でも着用できるメリットがあります。
お客様の価値観や用途によりメリット・デメリットがありますが、結婚式までの着用が想定しているのであれば、購入されることをオススメいたします。
母の振袖を着る予定ですが、少しでもオシャレにするには?
最近、お母様やお姉様の振袖を成人式で着用されるお嬢様が増えています。
お姉様の振袖でしたら、さほど古く見えませんが、お母様のものになると色柄とも少し古く見えることがあるかもしれません。
その際は、半襟・帯揚げ・帯締めの3点だけでも変えてみてください。
出来れば、帯まで変えると今風の着こなしが可能です。
成人式以外に振袖は着ることができるの?
もちろん、振袖は色々な機会に着ることができます。
もともと振袖は、未婚女性の正礼装のお着物です。卒業式や結婚式など、様々なシーンでご着用できます。但し、結婚後は着ることができません。
インターネットで振袖を揃えるデメリットはどういうことがあるの?
インターネットの普及により、ネットでも振袖の購入やレンタルが可能になり、リーズナブルな価格になっているのも確かです。
しかし、結果的にはお店に足を運んで決める方がほとんどです。
理由は、ネットで見た振袖のイメージと、届いた時のイメージが違うから。
まず違うのは「色」。画面で見る色と、実物はどうしても違ってしまうもの。
これは帯や小物も同じです。洋服と違い、組合せの多い着物(振袖)の場合は、やはりお店でお嬢様と一緒に見るのが確実です。
また、サービス・特典は、地元の着物屋さんの方が充実しています。
その分も含めると、ネットでの購入・レンタルは決して安いとは云えないでしょう。
レンタルは、やっぱり振袖レンタル専門店がいいの?
最近は、振袖レンタルの需要に合わせ、「振袖レンタル」専門店も多くなってきています。
そのため、 お店選びも楽しいものです。 但し、旬の新作振袖をお嬢様に着せてあげたいのであれば、着物専門店の方がいいかもしれません。
振袖に限りませんが、「レンタル」専門店は、同じ商品を何度も借りてもらうことが前提ですので、 新作振袖のレンタルの数は、着物専門店に比べ少ない可能性があります。
また、着物屋は専門店だけに、仕入れ力が違います。購入用の振袖でも、 レンタル価格とさほど変わらない価格で購入可能ですので、 レンタルか購入かで迷っている方は、着物専門店もご覧になられるといいでしょう。
振袖レンタル・購入のそれぞれ予算(価格)はいくら位なの?
振袖を購入された方で、もっとも多いのが約40万円。
振袖レンタルは19万円代が多いようです。
数年前に比べ、一生に一度の晴れ着だけに、全国的に高めの傾向になりつつあるようです。
お店選びに迷っています・・・一番の決め手は?
たくさんのお店に行き、逆に迷ってしまった・・・というお声も結構多いものです。
そこで一番の決め手になるのが「口コミ」。成人式を終えた「先輩の声」です。
前撮り撮影や、成人式当日の着付など、ひと通りの体験をされているだけに、 総合的な意見を聞くことができますので参考になるでしょう。
そして最後の最後は「直感」。この店だったら安心!そんなお店を選びましょう。
たくさんの振袖を見たいので、下見するだけでもいいの?
もちろんです。たくさん下見をしていただき、他店(価格・特典数・サービス内容など)との違いをご確認ください。
下見に行く時の注意点(心掛け)は?
後悔しない振袖下見のポイント・注意点(心掛け)は3点です。
まずは予算。おおよそでいいので予算をお店の方に伝えましょう。ここはスムーズに振袖選びをする最大のポイントです。せっかく気に入った振袖が予算オーバーなんてことにならないようにします。
次はレンタル・購入のいずれかを伝えること。どちらにするか迷っている場合は、その事も伝えることで、お店の方が予算に合わせてレンタル・購入両方の振袖を提案してくれます。
最後に、着てみたい振袖(色目や柄)をなるべく正確に伝えること。例えば「どう見せたいか?」「どんな雰囲気にしたいか?」など感覚的なことを伝えると、お似合いの振袖を見つけやすくなります。
自宅近所の美容室で着付けやヘアメイクを、成人式当日は可能ですか?
もちろん、可能です。「最先端のヘアメイク」と「着崩れしなく、苦しくない着付」が 自慢の提携している美容室をご紹介致します。
流行の色や選ばれる色は、どんな色なの?
最近の傾向は、赤と黒それとピンクと白が人気のようです。
流行の色も大事ですが、まずは、自分に合う色をお探しすることをオススメ致します。
振袖の赤色を選ぶ際のポイントはあるの?
振袖で最も人気の高い色は「赤」。その為、皆と同じように見えてしまうのでは… と心配される方もいらっしゃいますが、赤に限らず、模様などが違えば、 見た目も違ってきますので心配はいりません。
また、帯合わせや小物合わせで、あなただけの個性的な振袖姿に仕上げることはいくらでも可能です。赤色の振袖を着られるのは二十歳の特権。安心して赤の振袖を選んでください。
振袖を揃えるのは、いつ頃にしたらいいの?
2年前の夏、前年の成人式後の1月~2月が割と多いです。
新作のパンフレットができる、 成人式の一年前くらいに決められる方が多いようですが、早めに揃えておくと、成人式当日の着付け・ヘアメイクの時間がゆっくりできます。
早い時期に振袖を決めて得られるメリットはあるの?
各着物屋さんより、「振袖は早めに揃えた方がいい」と云われるのには理由があります。 まずは、何と言っても、数多くの振袖から選べること。
これはお買上・レンタルとも同様です。どうしても人気のあるものから決められてしまいます。また、忘れてならないのが成人式当日のこと。着付け・ヘアメイクのセットの受付は「ご予約順」ですので、早めに決めれば決めるほどご都合の良い時間帯を予約できます。
成人式当日が楽しく想い出残る一日にするためにも、これは重要なポイントになります。
ぜひ、お母様にはご理解頂きたい点です。
まだまだ先でも振袖を揃えるのは良いのでは?
お母様の時代と違い、新作振袖の発表は成人式の1年半前からになりました。
早くなった理由は、 前撮りを成人式の1年前以上より行う方が年々多くなり、着物屋さんとしては早めに新作振袖発表することに。
成人式の前年は、着物屋さんも前撮り撮影のために忙しくなる為、 翌年ご成人の方へのご案内はほぼ終了となります。どうせ揃えるのであれば早めに…ということですね。
振袖をレンタルか購入かで迷っている時のお店選びのポイントは?
レンタルか購入かで迷っている方は大変多いです。
ここ数年の傾向ですが、半分近くの方が迷いながらお店まわりをしているようですね。
そんな時は、購入・レンタル両方を取り扱っているお店がオススメです。また、いつでも見に行けるお店で、常時300枚以上展示しているお店ですと、満足できる振袖えらびができます。
お母さんの振袖を着る時、今風に着こなすにはどうしたらいいの?
お母様やお姉様の振袖を今風にリメイクするには、以下の3点を変えてください。
①半衿(半襟) ②帯締め・帯揚  ③帯
この中で最も大切なのは半衿(半襟)です。今の半衿はとてもオシャレですから、ここを変えると、次の帯締め・帯揚が選びやすくなり、かなり雰囲気が変わります。
そして、できれば帯まで変えてください。帯を変えると振袖まで変わったように見えます。
実は着る人を変えるのは振袖ではなく「帯」なのです。
以上の3点は変えていく順番でもありますので、ぜひ参考にしてください。

※その他、様々なお悩み・疑問点等は、ご遠慮なくほそみまでご連絡ください。
 「ご来店予約」「お問い合わせ」からでも、ご質問を受け付けております。

お問い合せご来店予約丹波店舞鶴店電話0795-82-7000電話0773-78-3405
  • WEB限定クーポン
  • 振袖ブログ
  • 新着情報
  • 振袖写真館
  • お客様のお喜びの声
  • ほそみが選ばれている理由とは
  • 各種お支払方法
  • 着物クリーニング
  • 採用情報
  • ひなの会
  • 晴れのちハレ着
  • プライバシーポリシー
  • 特定商取引に基づく表記
  • サイトマップ